おこさまのとんぼ玉制作ご希望の場合

【ご確認ください】

バーナーワーク(とんぼ玉含む)ワークショップは(土)・(日)受付となります。

保護者様へ

***********

とんぼ玉作りは、ガラスに熱を加える(直火)高温の内容ですので、危険な点も含まれます。安全確保面の観点により、事前に注意事項などを保護者様にお伝えしております。

***********

おこさまのご希望の場合

***********

ワークショップ用作業台(バーナー台)については、お子様対応専用の設定ではありませんので何卒ご了承ください。

***********

おこさま(ご本人)にとって、制作自体は終了すればあっという間ですが、バーナーの炎でガラスを軟化、また作業終始一定以上の高温のガラスをキープしての約15分間〜20分間となりますので、バーナー台席に途中離脱等せずにお座りいただければ『おこさま』は対象となります。

※作業中に指示意外に動いたり、急に席を離れたりする場合たいへん危険となります。

***********

おこさまの場合年齢などにより感じ方の差は個人個人にありますが、作業環境周りが相当熱いというわけではありません。もちろんガラスを高温軟化させますのでバーナー周り、火を当てているガラス材周り、熱放射、など対して注意は必須となります。顔まわりが熱く感じられる方(おこさま)はいらっしゃいます。

※万が一のために、ガラス飛散による目を守るためのゴーグル着用、また座った状態でガラスが脚部に落ちた場合の火傷等を防ぐためのエプロン着用をしていただきます。

***********

おこさまの場合、終始”フルサポート”=担当主導でワークショップを進めさせていただく形で、おこさまの対応とさせていただきます。例えば小学高学年くらいの児童の方で、”ご自分でできそうな工程”は担当サポートの上でご自身でトライしていただく場合もありますが、サポート度合いは個人個人に合わせての判断で臨機応変とさせていただきます。

***********

【重要!】ワークショップは、バーナーワーク専門の担当が”サポート“しますので、制作中は保護者さまのお手伝い(手添え)は必要ではありません。 …親御様がついて、お子様の手を添えてご希望される方もいらっしゃいますが、その場合、高温状態のガラスは温度差による『とんぼ玉作りでの様様な危険なハプニング』が生じた場合などに危険回避ができない可能性など、危険要因がいくつかあります。サポートは専用ガラスの扱いに特化した担当にお任せいただくこととなります。ただし万が一に備え、近くにお付添いいただきます。

***********

以上がご確認事項となります。

***********

バーナーワーク・ワークショップは…お受付日が土日の限定、少数限定受付の予約優先となりますので必ず事前にお問い合わせ、ご確認くださいますようお願いいたします

***********

料金は”グラスビーズ(とんぼ玉)通常レクチャーコース内容”同様となります。

(ご選択内容により各料金となります。)

その他完成後はゆっくり冷ます時間が必要となりますが、作品は当日お持ち帰りができます。

***********

担当より